PROGRIT(旧TOKKUNイングリッシュ) 失敗しない英会話スクールの選び方

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)の返金保証について。本当に返金してもらえるの?

投稿日:2017年7月2日 更新日:

2ヶ月間限定での英会話能力向上を約束している、PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)の、返金制度について紹介します。

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)は、30日間無条件返金保証

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)のホームページには、以下のような記載があります。

カリキュラムの設計、毎日のコーチングを通じてあなたの目標達成のために全力で取り組ませていただきます。万が一、プログラム内容にご満足頂けない場合は、全て私たちの責任であると考えているため、開始後30日間以内であれば全額返金致します。

「プログラム内容にご満足いただけない場合は、全て私たちの責任であると考えているため、開始後30日以内であれば全額返金致します

と書かれてあるくらいなので、本当にサービスに自信があると見受けられます。

それ以外の記載はなし

逆に言うと、PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)には、返金についての記載は上記以外はなにもありませんでした。

・返金申請の方法
・どの段階から数えて、30日以内なのか
・返金方法
・30日経過以後の対応

などは、ホームページを見る限りでは不明となっております。
現状では、「口約束」のレベルではありますが、ホームページに記載があるので、返金は基本的に受け付けてもらえるものと思います。

60日のうちの、30日以内の返金!?

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)は、そもそも2ヶ月での英会話力アップを目的にしています。

それなのに、その期間の半分の30日以内での返金などしても大丈夫なのでしょうか?
冷静に考えると、サービスの半分が終わった30日の時点で返金申請をすることで、半分のサービスを受けて、1円も支払わなくてよいことになります。

もちろんそれは理論上の話であり、かなり迷惑な客になるだけなので、全くオススメしません。
そのような気持ちでサービスを利用しても、英語力が身につくとは到底思えませんし。

やはり、返金制度を利用するときは

・想定していたサービスと違っていた
・自分には合わないと感じた
・急に都合が悪くなった

などの、やむを得ない事情が無い限りは、返金など申請するものではありません。
「そういう制度もあるのね」くらいに思っておくのが正解かもしれません。

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)は自信があるからこその、返金制度

ホームページに、返金制度に関する記載がほとんどないということは、いままでに返金に関してトラブルになったりしたことが少なく、そこにフォーカスされることがあまりなかったからかもしれません。

そもそも30日間無条件返金制度を用意している時点でそうなんですが、自社のサービスに自信がないと、このようなシステムにはできません。

「自社のサービスを利用してもらったひとは、必ず結果が出る」
という自信があるからこそですね。

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)の無料説明会は新橋で行われており、無理な勧誘もありません。

そのような自信のあるサービスの無料体験会に、ぜひ参加してみてください。

-PROGRIT(旧TOKKUNイングリッシュ), 失敗しない英会話スクールの選び方

Copyright© 英語コミット.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.