RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ) TORAIZ(トライズ)

ライザップイングリッシュとトライズは、ブランドで選んではいけない!料金、場所、ネイティブとレッスンできるのはどちら?

投稿日:2017年9月19日 更新日:

ふじさわ
この2社、似てない!?

コーチング英会話スクールの中でも有名な2社
「RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)」
「TORAIZ(トライズ)」は、

「違いがわかりにくい」「どっちを選べばいいかわからない」

という方に、英語コミット.comが解説します。

この記事を読むと、2社の違いがより明確になり、
自分に合ったスクールがわかるはずですので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ライザップイングリッシュ×トライズ比較まとめ

 ライザップイングリッシュトライズ
レッスン相手
帰国子女(日本人)ネイティブ
レッスン数週に2回週に2回
オンラインレッスンなしあり
スクールの場所新宿、新宿御苑、池袋、銀座、渋谷、日本橋、赤坂見附、秋葉原、新橋赤坂、虎ノ門、田町三田、新宿、銀座、丸の内、秋葉原、池袋、横浜、大阪梅田、なんば
料金2〜3ヶ月が安い6ヶ月以上が安い

ライザップイングリッシュは「ダイエットジム」の印象が強いかと思いますが、2016年から英会話スクールにも進出しました。

ダイエットと英会話は一見全く関係がないようにも見えますが、マスターするために必要なことは驚くほど似通っています。

「時間管理」「モチベーション管理」「正しいノウハウ」「丁寧に指導してくれるトレーナー」これらの要素を満たすことで結果が出るという点で、ダイエットと英会話は共通しているのです。

おなじみの「結果にコミットする」というキャッチフレーズはそのままに、短期間で結果を出すための英会話スクールです。

 

そして、短期間で成果をあげるための英会話スクールは、ライザップイングリッシュ以外にも多くの業者が参入しています。

その中でも代表的なサービスが「トライズ」です。

トライズも、数ヶ月〜1年という短期間で英語力アップを約束するスクールです。

以下で、2つのサービスの違いをより丁寧に解説します。

ライザップとトライズはかなり似ている


専属トレーナー付き英会話スクール業界の中でも、ライザップとトライズはかなり似ていますので、詳細に確認します。

・ライザップ→帰国子女(日本人)から習う。
・トライズ→ネイティヴから習う

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)にいるトレーナーは、基本的に日本人です。
日本人ですが、海外で生活していたり働いていた経験のある、いわゆる「帰国子女」です。

帰国子女は、英語の発音や文法に詳しく、日本人の気持ちがわかるし、レッスン中に日本語で質問をすることもできます。
しかし「ネイティヴとの経験を積む」ことはできません。

ライザップでもネイティヴ講師を選択することはできますがそれは例外的な状況で、人数も少ないので、ネイティヴ講師とのレッスンを希望する場合はトライズをオススメします。
日本人とのレッスンは、レッスン中に日本語が通じるという一点だけでも、安心感がとてもあります。

TORAIZ(トライズ)は、日本人コンサルタント、ネイティヴ講師、あなたの、3人のチームで、基本的にレッスンはネイティブの講師と行います。

トライズは多数のネイティヴの講師を抱えており、ネイティヴとのレッスンが日常的に行われます。
ネイティヴ講師とのレッスンは、ダイナミックで、現場にいるのと変わらない緊張感があります。

日本語での質問はほとんどできませんが、実際の仕事では日本語が使えないので、よい特訓になります。

一番の違いは、スクールの場所。トライズが有利。

ライザップとトライズを比較したときに、最も重要になるのは「スクールのある場所」です。
それぞれに週に1、2回通うことになるので、自宅や職場、沿線的に通いやすい場所にあるのは重要なことです。

ライザップは新宿、新宿御苑、池袋、銀座、渋谷、日本橋、赤坂見附、秋葉原、新橋にオフィスがあります。
・ライザップイングリッシュのオフィスは、都心に集中しまくっている印象です。

トライズは赤坂、虎ノ門、田町三田、新宿、銀座、丸の内、秋葉原、池袋、横浜、大阪梅田、なんばにオフィスがあり、さらにはオンライン完結させることもできます。
・トライズは、関東全体に広がっていて、オンラインも対応しています。

見ての通り、トライズの方がオフィスの場所が多いので、通いやすい方が多いでしょう。
ライザップもスクールを増やす気配はありますが、現状ではトライズの方が有利です。

ライザップの最大の特徴は、言い訳材料としての「ネームバリュー」

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)が他のスクールと全く違うのは、その「ネームバリュー」です。
ネームバリューといっても、有名なスクールに通って気持ちいいという話ではありません。

同僚や家族への「言い訳材料」として、ライザップのネームバリューは非常に役立ちます。

英語を本気で勉強することになったら、同僚との飲み会の誘いを断ったり、家族でテレビを見る時間を削ったりすることになるかもしれません。
それも数ヶ月なのですが、それでも周りにちゃんと「言い訳」をしないと、同僚や家族は納得してくれないかもしれません。

そんなとき、「ダイエットプログラムで有名なライザップの英語版」というのは、最高の言い訳材料となります。
これならば、周辺への言い訳が立ちやすく、一番大切なレッスンに集中しやすくなります。

>>ライザップの無料体験に申し込む
(強引な勧誘はなく、しつこいメールもきません)

 

言い訳やネームバリューなど、スクールの価値とは本質的に違うのでくだらなく思うかもしれませんが、実際には「周囲への理由づけがしやすいというのは、メリットのひとつとして数える価値があるのではないでしょうか。

ライザップとトライズの料金比較。長期間はトライズ有利!

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)は、複数のプランがありますが、だいたい
入会金5万円、月に13〜15万円です。

TORAIZ(トライズ)は、
入会金5万円、月額11.8万円、コンサルティング費(初回)が、18.5万円です。
合計で初回に30万円以上支払うことが必要ですが、それ以降は月額だけでいいので、継続すればするほど安くなります。

そしてトライズでは、6ヶ月分を払うと3万円OFF、12ヶ月分をまとめて払うと10万円OFFになる制度もあります。
12ヶ月分をまとめて払うと、月額は12万円ほどになります。

ライザップとトライズの料金比較は、
短期的(2〜3ヶ月)だとライザップの方が安く、
長期的(6〜12ヶ月)だとトライズの方が安い
と言うことができます。

最重要!!2社の英語指導ノウハウは?

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)
は、もともとはダイエット・肉体改造の会社で、一見英語とは無関係に見えます。

さらに、その大元は「健康コーポレーション」という会社で、ダイエット食品や健康食品の販売をする会社です。
ますます英語とは関係がないように見えますが、ライザップイングリッシュで生かされているのはライザップで培われた
「徹底的な自己管理」「モチベーション管理」にあります。

英語学習には多くのノウハウがありますが、究極のところは「モチベーション管理」に行き着きます。
ちゃんとモチベーションの維持管理ができさえすれば、誰だってそれなりに英語は上達するものです。

よって、RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)を利用するときは
「英語を教えてもらう」
というよりは
「英語の勉強をするために時間管理とモチベーション管理、目標設定を手伝ってもらう」
くらいの気持ちで参加することがオススメです。

具体的なプログラム内容は以下のようになっています。

ライザップイングリッシュの学習プログラム

・初回カウンセリング
・週に2回のマンツーマンレッスン
・そのときに出されるシュクダイ
・LINEやメールでの進捗管理

TORAIZ(トライズ)は、同社を運営しているトライオン株式会社の代表の三木雄信さんが英語を会得した勉強法が元になって、プログラムが作られています。

三木さんは、元ソフトバンクで、孫正義さんの秘書として海外に頻繁に行く中で、自身の英語力の無さに唖然とします。
「クビにならないように、英語を勉強しなければ」
と思って、1年で大幅に語学力がアップしました。

その三木さんの英語勉強法を元に作られているのがトライズです。
よって「ビジネスマンが、通訳なしで海外で交渉ができる」ようになるためのプログラムとして、非常に優れています。
あるいは「忙しいひとでも、仕事の合間を縫って短期間で勉強することができる」というプログラムです。

三木さんと同じように「短期間で一気に英語力を高めて、海外で活躍したい!」という方にピッタリです。

トライズの学習プログラム

・初回コンサルティング
・週に2回のオンラインマンツーマンレッスン
・週に1回のグループレッスン
・自宅学習プログラム
・日々の進捗確認
・毎月1回のレベルチェック

ライザップ×トライズの一番大事なポイント

結局、一番重要なポイントは
「日本人から習いたいか、
ネイティブに習いたいか?」
だと思います。

もちろんこのふたつには違いがありますが、一長一短なので、
「好み」で問題ありません。

日本人講師と、丁寧に勉強したい方はライザップイングリッシュ

↓↓↓無料でライザップに申し込む↓↓↓

(強引な勧誘はなく、しつこいメールもきません)

 

 

ネイティブ講師と、より実践的にレッスンしたい方はトライズ

↓↓無料でトライズに申し込む↓↓↓

(強引な勧誘はなく、しつこいメールもきません)

 

私は両方の無料カウンセリングに行き、たくさん調べましたが、それは私の感想です。

このページを最後まで読んでくれてありがとうございました。

いろんなことを書きましたが、このページは管理人である私がライザップとトライズ両方の無料体験に参加し、ネットで多くを調べた結果のことを書いています。

 

あなたが無料カウンセリングに参加すると、私とは別のことを感じるかもしれません。

ここから先は、ぜひあなた自身の感覚で、2つのスクールのクオリティを確かめてみてください。

 

自分と合わないと思うサービスに入会することほど悲惨なことはありません。

そうならないためにも、まずは無料カウンセリングを受講することをオススメします。

ライザップは新宿と池袋、
トライズは六本木などで受講できます。

以下から申し込みができるので、お早めにどうぞ↓

-RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ), TORAIZ(トライズ)

Copyright© 英語コミット.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.