英語学習の種類と特徴

「英語で雑談ができない!」英会話で特に目的のない会話を続けるために必要なスキルを紹介!

投稿日:

こんにちは。

海外留学経験2回、海外バックパッカー経験は合計約1年、外国人の友達もたくさん(笑)の、ふじさわです。

↑わざわざこんな自慢のように書く必要はないんですが、実際にこれだけ海外にいると、多くの日本人と出会います。

 

海外で出会う日本人には「英語の雑談が得意は人と、苦手な人」がいることがわかります。

英語がある程度レベルアップしてくると、ホテルやレストランでの会話以外に、旅仲間や趣味の友達と英語で話す機会は増えます。

その中で「雑談」を効果的にできないと、変に違和感のある時間が流れたり、円滑なコミュニケーションができないことがあります。

そうではなく、潤滑に人間関係を築くためのオイルとして効果的な雑談をするために必要なスキルについて紹介します。

ずばり、英語での雑談に必要なスキルは「日本語での雑談力!」

インドのガンジス川のほとりにて。自分の父親ほどの年齢の僧と。

英語で雑談をするために必要なのは、意外に思われるかもしれませんが
「日本語での雑談力」です。

言われてみれば当たり前なのですが、日本語で雑談できない人は、英語でもできません。

 

「雑談」は、「雑」という文字があるので軽く思われがちですが、実際にはかなり高等な技術が必要です。

なじみの友人と飲み屋でダラダラと話すのは簡単ですが、そうではない、ほぼ初対面の相手との雑談は、日本人相手でもかなり難しいです。

ただ会話が繋がればいいわけではなく、

・お互いが気持ちよく話せる(不快にならない)
・お互いの親密度が上がる
・お互いについて新しい発見がある

などの副次的効果がないと、よい雑談とは言えません。

 

これは日本語でもなかなかに難しいので、「英語での雑談が難しい」という方は、ぜひまずは日本語での雑談の練習をしてみるとよいでしょう。

日本人と、日本語での雑談を意識して行うことで、少しずつ雑談力をあげてみましょう。

そこから、その雑談を英語に変換する作業が始まるのです。

 

それまでは「雑談を考える」「英語を考える」を同時に行なっていたので頭がパニックになっていたのです。
まずは「雑談を考える」ことに慣れて、そのあとに「英語を考える」作業をするようにしましょう。

 

効率的な雑談のコツ①「質問」

ではここで、英語でも日本語でも共通の「良い雑談のコツ」を紹介します。

大原則としてこちらから質問しましょう。

「雑談したい!」と思っているということは、その相手に興味関心があるわけなので、その興味をまっすぐに相手にぶつけましょう。

あなただって、どんなシチュエーションでも、質問されるということは関心を向けられているということなので、悪い気はせず、むしろ良い気持ちになるでしょう。

 

質問の種類に関しては、それほど無限のパターンがあるわけではなく、定型化されています。
旅先で一緒になった旅人であれば

・どこに向かってるの?
・どこからきたの?
・どのくらい旅してるの?
・なぜ旅してるの?
・仕事はどうしてるの?

このような質問は旅人仲間であればテンプレートとして覚えておきましょう。
これらの質問をして、共通点が見つかればそこから会話を広げればよいのです。

旅人ではなくても、どんな場面でも使える共通の質問もあります。

・年齢は?(男性限定)
・家族は?
・仕事は?
・どこに住んでるの?
・今日はいまからなにするの?

このような質問は、どんな場面でも相手に質問することができます。

 

「雑談」とは、自然発生するものに思えるかもしれませんが、違います。
雑談とは、「質問」から意図的に生みだされるのです。

日本語でも英語でも、積極的に相手に質問しましょう。

効率的な雑談のコツ②「共通の関心ごと」

英語でも日本語でも、楽しくて有意義な雑談のコツは、「共通の関心ごと」について話すことです。

いくら自分にとって興味があっても、相手にとって興味のない話は盛り上がりません。

 

雑談をする前、している最中は、常に「この人は、なにに興味があるんだろう?」と問いかけながら話すくらいがよいでしょう。

雑談をする中で、相手にとって貴重な情報を自分が持っていたり、自分にとって貴重な情報を相手が持っていることがわかると、お互いは非常に重要な人物になり得ます。

 

また、海外で外国人と雑談する場合は、自分が日本人であることがアドバンテージになることもあります。

外国人からすれば、日本という未知の国について全てを知ってる人物に見えることもあるので、日本について積極的に話題に出すのもよいでしょう(それももちろん、相手が望んでいればですが)

 

そして、少し寂しい話ですが、お互いに興味、関心がないのに無理に雑談をすることほど、お互いにとってムダな時間はありません。

旅先では多くの外国人と出会い、その全てと仲良くなりたい気持ちはありますが、友人になれる人数には限界があります。

お互いにそれほど興味がない相手とは、ムダに会話を盛り上げようとする必要はありません。

そうしてこそ、本当に必要な相手と出会えるかもしれないのですから。

雑談についてのまとめ

「英語で雑談できない!」という悩みについては、いつも同じ返答を返しています。

「あなた、日本語でも雑談苦手でしょ?」と。

 

英語での雑談は
「(日本語で)雑談する力」と「英語力」の2つが必要です。

あなたに足りないのは、ひょっとしたら「(日本語で)雑談する力」の方かもしれない、という話でした。

英語を覚えるときは、ホテルやレストランの店員さんとの会話から覚えるのが定番ですが、外国の人との雑談は、思わぬ話題や情報を得られるものです。

ぜひ、英語での雑談もできるようになってみてくださいね!

 

 

-英語学習の種類と特徴

Copyright© 英語コミット.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.