PROGRIT(旧TOKKUNイングリッシュ) 体験会レビュー

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)の無料説明会に行ってきた感想。

投稿日:2017年7月6日 更新日:

「英語で人生をかえる2ヶ月」

のキャッチフレーズで有名なPROGRIT(旧トックンイングリッシュ)の無料説明会に参加してきました。

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)は新橋駅から歩いて3分

JR、地下鉄各駅の新橋駅からSL広場を抜けて、徒歩3分ほどです。
僕は間違えてこの奥のローソンがあるビルに入ってしまいましたが、そうではなく、この手前の「つるやゴルフ」のビルの3階です。

事前にホームページから予約をしておいて、予約しておいた時間に到着しました。

カウンセリングルームのようなところに案内されて、カウンセリングシートと、個人情報の取り扱いに関する同意書にサインをします。

しばらくすると、担当の方がきてくれました。

>>PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)の無料説明会に参加してみる

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)の最大の特徴は

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)は
「英語で人生を変える2ヶ月」で、専属トレーナー付きの英会話スクールです。

いえ、「スクール」という呼び方は適切ではありません。

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)を正確に言い表す言葉は

英語コンサルティングサービス

です。

というのも、PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)は「レッスン」を全く行いません。
オンライン、オフライン問わず、トックンのスタッフやトレーナーがあなたに直接英語を「教える」という時間はほぼ0です。

その替わりに、「徹底的な自主学習管理」を行うのがPROGRIT(旧トックンイングリッシュ)です。

他社のサービスは「自主学習の管理」と「レッスン」を合わせたサービス内容になっているところがほとんどです。
PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)は「管理」に特化している分、他社よりもより徹底的に管理してくれます。

オフィスにくるのは週に一回のみ

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)のオフィスは新橋駅にありますが、そのオフィスを訪れるのは週に一回だけです。

一番最初に申し込みをする段階で「何曜日の何時にオフィスにくる」という取り決めをして、
その時間にだけオフィスに行って、専属のトレーナーと話します。
そのときも、レッスンをするのではなく「レッスンの状況はどうか」「上達具合はどうか」「今後の方針はどうするか」ということを日本語で話し合います。

だいたい一回あたり45分〜1時間です。
一週間に一回なので、新橋で仕事をしていたり、通勤、通学で新橋を通る方ならオススメですが、
そうではない方も、通うことはそれほど苦ではなさそうです。
>>PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)の無料体験に申し込む

オフィスは関東に5箇所、大阪に一箇所

週に1回、通うことになるオフィスは、関東に5箇所あります。
新宿、新橋、池袋、神田、横浜と、大阪梅田です。

職場や自宅から通いやすい場所を選びましょう。
現在も急速にオフィスを増やしているので、早めの予約をお勧めします。

専属トレーナーとLINEで徹底的にやりとり。

PROGRIT(旧トックンイングリッシュ)のサービスについて詳しく聞いてきました。

PROGRITは徹底的に生徒さんのコンサルティングをLINEで行います。
事前にオーダーメイドでカリキュラムを作成し、
「◯時◯分〜◯時◯分は◯◯をする」というような予定を、コンサルタントとの間で立てます。

このときの予定は分単位で立てられ、「テキストを何ページする」とか「シャドウイングをする」のような具体的なことまで決めます。

そして、その時間になるとコンサルタントに「◯◯をはじめます」とLINEを送ります。
そして学習が終わると「◯◯終了しました」などとLINEを送ります。

シャドウイングなどであれば、音声をLINEで送ることもあります。
それらの課題を送るなかで、たまにコンサルタントからアドバイスや改善点の返信がくることもあります。

これだけ聞くと

「わざわざそんなことのためにお金を払うの?」

という気持ちになるかもしれません。
しかしよくよく考えてみると、こうでもしないと勉強しないのが僕たちです。

結局、勉強するのは全て自分なので、本来であればコンサルタントなど必要ありません。
しかしそう言いながら、ズルズル何年も不完全な英語で過ごしてきているのではないでしょうか。

このようなサービス内容は、

「対面レッスンにはほとんど意味がない」

という考え方に基づいています。
英語を上達しようと思って、ネイティヴ講師などと一緒に話すよりも、ひとりで地道にテキストを読んだり、シャドウイングをすることでしか、英語力は上がらない、という前提で作られています。

そうすると、一番大切なのは「モチベーションの管理」であり、その部分をカバーするためには「LINEで頻繁に報告しまくる」という今のシステムは、とても優れています。
>>PROGRITの無料体験に申し込む

英語力のチェックをカンタンに行います。

無料説明会では英語レベルのチェックはかなり大雑把でした。

僕の場合は「TOEICの点数」を申告したあと、「パソコンから流れる音声を聞いて、概要を説明してください」と言われました。
その音声も、30秒程度のものを一回だけでした。

僕の場合はTOEICの点数はかなり低かったですし、音声の聞き取りもほとんどできなかったので、
「基礎ができていないな」と判断されたので、英語レベルのチェックは最低限だったようです。

もうちょっと普通のレベルであえばもっと丁寧な英語力のチェックがされたのかもしれません。

 

強引な勧誘や、グイグイとした売り込みは一切なし!

PROGRIT(旧TOKKUNイングリッシュ)の料金は、2ヶ月で

・入会金5万円
・ベーシックプラン298,000円〜

と、いくらか高額です。
そして「無料説明会」というと、狭い部屋の中で強引なセールスを受けたり、グイグイと勧誘をされるのではないかと不安に思うかもしれません。

僕の場合は、そのようなことは一切ありませんでした

ちゃんと
「とりあえず持ち帰って考えます」
と伝えると、すぐに了解していただき、「それでは、また」と説明会は終了しました。

コンサルティングだけで大丈夫なの?

PROGRIT(旧TOKKUNイングリッシュ)の一番の特徴は
「レッスンがない」という点です。

その替わりに
「恋人よりも頻繁に、学習についての連絡が送られてくる」

という特徴のサービスです。
レッスンがなくても大丈夫なのか?と心配になるかもしれませんが、
その必要はありません。

なぜなら、ほとんどの英会話スクールでは、
満足感だけ得られる、無意味なレッスン
ばかりが行われているからです。

とりあえず、誰かと英語を使って会話をしていれば「勉強している」という満足感は得られますが、実際にはちゃんと英語力が伸びていないことも多いです。

ちゃんと英語力が伸びるのは、ひとりで文法についての理解を深めたり、
地道にシャドウイングをしている時間です。

トックンイングリッシュでは、そのように自分ひとりで英語の根本と向き合うための時間をカスタマイズしてくれるサービスなのです。

▶︎自分は意思の力が弱い
▶︎誰かに応援されるとやる気がでる
▶︎モチベーション維持が苦手

という方に、特にオススメです。

PROGRIT(旧TOKKUNイングリッシュ)の無料説明会の参加は、お早めに!

オフィスがどんどん増えているので、人気があるようです。
ぜひ早めに無料体験会に申し込んで、英語学習のスタートを切ってください。

無料説明会の予約はホームページからできます。

ちなみに、現在のところトックンイングリッシュは満員だそうで、僕の場合は、入会するとしたら2週間後からスタートだそうでした。
なので、無料体験の申し込みは早めにするのをオススメします!

Follow me!

-PROGRIT(旧TOKKUNイングリッシュ), 体験会レビュー

Copyright© 英語コミット.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.