TOEICの点数を上げる方法

ビジネス英会話能力を上げるためには、TOEICの点数を上げるのが最適って本当?

投稿日:2017年7月8日 更新日:

ビジネス英会話に、TOEICは必要?

英会話能力の話題になると、決まって

「TOEICは、実践的か否か。」

という話題になります。
今日はこの話題にフォーカスしていきます。

TOEICの点数「だけ」では意味がない

多くのスクールで言われており、英会話を学ぶ上で常に出てくる人物像があります。
それは

「TOEICの点数はすごく高いけど、実際の会話はほとんどできないひと」

です。
このようなひとは実際におり、そのほとんどは学生時代にTOEIC対策の勉強を大量にこなしてきた人々です。
TOEICは4択問題であり、出題傾向もある程度の予測は立つので、専用のテキストを使って入念に対策をとることで、点数を高めることはできます。

そして、大学や、国内の企業、海外の企業でもTOEICの点数は重視されるので、入試や入社試験のために上記のような対策をすることは、一見正しいように見えますし、合理的であるとも言えます。

しかし、このように「点数をとる」ことにフォーカスすることにより、「TOEICの点数は高いけど、実際の会話はほとんどできないひと」が生まれます。

TOEICの点数は一概に無意味ではありませんが、TOEIC対策の勉強をがんばって点数「だけ」にフォーカスしてしまうことが、「TOEICは実践的ではないのではないか?」という誤解が広がる原因となります。

TOEICはとても実践的な英語力の目安

上記のように「TOEICの点数をあげるための努力」を過剰に行ってしまうと、TOEICの点数はハリボテのように見えます。

しかし、「総合的に英語の勉強をした結果として、TOEICの点数を目安にする」という場合には、TOEICは非常に役立つ目安となります。

TOEICの名称の由来は「Test of English for International Communication」です。
「国際的な交流のための英語テスト」です。

これほど世界に普及していることからも、TOEICの点数は明確な目安となります。
ただ、そのためには「TOEICのための勉強だけ」をするのではなく、総合的な英語力をあげた結果として、TOEICの点数を気にする程度がいいでしょう。

その証拠に、本サイトで紹介する「専属トレーナー付き英会話スクール」も、過半数でTOEICの点数を重視しています。

TOEICの点数が一定に満たない場合は、ほぼ強制的に「TOEICコース」への入会となります。
初級レベルの英語話者を、中級レベルまで上げるためにはTOEIC対策の勉強をすることがもっとも効率がよいとされているのです。

もちろんそのときのTOEIC対策は、出題傾向や四択対策をするのではなく、単語や文法、言い回しの勉強を学ぶためにTOEICを利用します。

つまり、
TOEICの点数のために勉強をしても意味がないが、
TOEICを「利用する」ように使うのなら、TOEICの点数は意味があるものとなります。

TOEICを利用している英会話スクール

【RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)】

ライザップイングリッシュには、メインとなる2つのコースがあります。

・TOEICスコアアップコース
・英会話コース

この2つのコースをパッと見て、

「私は、TOEICのスコアよりも、英会話能力をあげたいから、英会話コースだな」

と思うかもしれません。
しかしその実、この2つのコースは

・TOEICスコアアップコース(初級者、中級者コース)
・英会話コース(上級者コース)

と言い換えることができます。
TOEICの点数で規定の点数を下回る場合は「とりあえずTOEICスコアアップコースで」という扱いになり、TOEICのスコアアップのため勉強をすることになります。

なぜなら、それが効率がいいからです。
TOEICに使われる単語や文法は、ビジネスの現場でも使える実践的なものが多いので、TOEICのための勉強が英会話能力に直結します。
そして、生徒さんのモチベーション的にも「TOEICの点数が◯◯点上がった」「◯◯点アップを目標にしよう」と、目標の共有がしやすい、という意味でも、初級者、中級者にTOEICスコアアップコースをおすすめする理由があります。

【TOKKUN ENGLISH (トックンイングリッシュ)】

TOKKUN ENGLISH (トックンイングリッシュ)でも、TOEICの点数をベースにカリキュラムが組まれます。

その理由として、TOKKUN ENGLISH (トックンイングリッシュ)の考え方として

「TOEICの点数である一定以上をとれないひとは、基礎づくりをしなければならない」

「TOEICで一定以上になれば、それぞれ個別に対応したカリキュラムを作る必要があるが、基礎がない状態では、個別のカリキュラムというより、とにかく点数をあげてもらうことが優先」

という考え方に基づいているからです。
TOKKUN ENGLISH (トックンイングリッシュ)も、RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)も、ベースの考え方は同じで、
TOEICの点数がある点数を超えるまでは、TOEICの勉強をがんばってもらうのが一番効率的

という考え方が共通しています。
やはり、成果が目に見え、目標も共有しやすく、知名度も高いTOEICは、英語初心者にとってはわかりやすい目安となっているようです。

TOEIC以外の英語スキルチェック

ちなみに、TOEIC以外の英語力チェックを導入しているサービスもあります。

TORAIZ(トライズ)は、Versent(ヴァーサント)という、手軽にできる英語力チェックを指標としています。より新しい指標ですので、今後、少しずつメジャーになっていくかもしれません。

ALUGO(アルーゴ)は、ALUGOアセスメントという、自社で開発された英語レベルチェック指標を用いています。自社開発なので、ALUGO(アルーゴ)を利用すればこれを目安に進めますし、それ以外では使うことはありません。

必ずしもTOEICが正しいわけではありませんが、現状で一番メジャーな英語力の目安であることは間違いありません。
TOEICをベースにしたRIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)やTOKKUN ENGLISH (トックンイングリッシュ)を利用するのなら、まずは無料体験に参加し、どの程度TOEICを重視しているかを直接聞いてみるのがいいかもしれません。

申し込みはホームページからできます。

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)

「第二言語習得研究」の知見を結集した、本当の「英語のパーソナルジム」。

イングリッシュカンパニー以外のスクールは、そのほとんどを「時間管理」と「モチベーション管理」が占めます。

ちゃんと「英語」を教わることができる唯一のスクールと言ってもよいでしょう。

メソッドに全てのひとにあてはめるのではなく、一人一人が持つ課題を見つけ出し、適切なプログラムをお教えします。

「第二言語習得研究」を応用した、最短距離で英語を学べるプログラム。

東京、神奈川、大阪、京都にスクールがある。

料金換算するともっともお得な、一週間あたり90分×2回の個別レッスン

 

 

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)

ライザップイングリッシュ

知名度ナンバー1の、元祖コミット式の英会話スクール。
知名度の高さは、そのまま「友人や家族への説明への使いやすさ」に直結します。

その特徴はなんといっても、ひとりひとり丁寧にカウンセリングされて用意される個別カリキュラム。

高速レスポンス特化型セッションの導入により、リアルなビジネスシーンで使える英会話が身につきます。

シュクダイ制度があり、個別の内容の課題を、日々受け取ります。

料金は個別コンサルの結果、選ぶコースによって異なります。40万円〜90万円程度

無料カウンセリングの会場は、池袋、新宿。

知名度が高いので、友人や家族に「ライザップに行っている」ということで、時間の融通がつけやすくなります。

 

Follow me!

-TOEICの点数を上げる方法

Copyright© 英語コミット.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.