TORAIZ(トライズ)

【体験談&評判・口コミ調査】TORAIZ(トライズ)の効果が出る人と出ない人、講師の評判を紹介します。

投稿日:2017年9月23日 更新日:

TORAIZ(トライズ)に入会して本当に効果が出るか心配な人が多いです。
しかし、申し込んで実際に体験してみないと、効果が出るのか出ないのかはわかりません。

そこでこの記事では

「トライズの効果が出ないパターン(出ない人)」と
「トライズの効果が出るパターン(出る人)」

を紹介します。

また、実際に無料体験会に参加してみた感想と、実際に体験した方のブログ記事の抜粋を紹介します。

これらを見て、自分が効果が出ないパターンであれば入会は辞めて、効果が出る人であれば入会を検討してみましょう。
もしトライズが気になる場合、まずは無料説明会からがオススメです。

 

 

トライズの無料説明会に参加してきました

トライズの無料説明会に参加してきました。
六本木スタジオだったんですが、

まず「建物がめちゃくちゃ綺麗・・・・!」
そして全体的に高級志向で、ザ・港区という場所にオフィスはありました。

無料体験では

・こちらの要望、現状、学習経験のヒアリング
・体験者の声の動画を観る

・トライズの歴史、理論等の説明
・料金、システムの説明

等の説明を受けました。

まず、僕の現状のヒアリングです。

【カウンセリングシート】を渡され、そこに
・今までどのような学習をどのような期間やってきたか
・今までの学習でどのような悩みを持ってるか?
・現在のスコアなど(TOEICその他)
・1年後、具体的にどのように英語を使えるようになりたいか?
・レッスン受講可能時間帯
などを記入します。

この記入したシートを元に、トレーナーさんと自分の英語体験についてあーでもないこーでもないと話します。この時間は実質アイスブレイクの意味もあったんじゃないかと思います。

僕の「こうなりたい」という話を親身に聞いてくれたので印象はとてもよかったです。

受講者の感想が流れるDVDを観る

ここで、数分のDVD映像を観ます。

トライズの受講者が「いかに英語をマスターして人生を変えたか」という内容の動画です。

「めちゃくちゃ簡単でした」という内容はひとつもなく、「1年間大変だったけど、トライズと二人三脚だったおかげでがんばれた。おかげで英語力は上がった」という内容でした。

その次に、トライズのシステム等の説明を受けます。

・トライズがどのような経緯で誕生したか(ソフトバンク社長室長・三木さんの話)
・日本人が英語をマスターするにはあと2200時間必要という話
・小学校と中学校で1200時間を勉強している
・残り1000時間を、トライズで一緒に3時間×1年で達成するためのサービスです。

という話を聞きました。

さらに、「英語の4スキル」と言われる「ライティング、リーディング、リスニング、スピーキング」の話も聞きました。
ほとんどの日本人は「ライティングとリーディング」のレベルは高いが、「リスニングとスピーキング」が弱いという話を聞きました。

僕は海外で体当たり英語を学習した経験があるのでそれに当てはまらず、むしろ語彙力や文法表現が苦手だということを話すと「それに適応した学習をしましょう」とのことでした。

料金、システムの説明で締め

一通りの説明が終わると、次はトライズの具体的な説明を受けます。
料金について(1年契約、一括振込で約137万円。本記事に詳しく書いています)、
受講内容について(本記事に詳しく書いています)

担当してくれたトレーナーは、終始丁寧で、余裕を感じることができました。
あたかも「受講してもしなくても、どちらでもいいですよ?」という余裕を感じました。

実際には、割引キャンペーンや、無料体験に来たその場で申し込むと安くなるなど、
かなりガツガツと新規入会を取りに来ているイメージですが、
トレーナーの態度にはそれが反映されてはいませんでした。好印象。

 

オフィスからトレーナーの立ち振る舞いまで、「言語化されてない部分」で、スクール全体の高級感をアピースしてくれてる感じがしました。

なのでトライズ入会を検討されている方は、とりあえずは「無料カウンセリング」に参加し、
スクールの雰囲気を体験しておくのをオススメします。

 

 

トライズメインコース受講者の評判・口コミを分析

トライズをガチで受講した人の体験談は、なかなか見つけることができません。
その理由として

・トライズは、時間がない、ハイクラスのビジネスマンを対象にしている
・そのビジネスマンが、少ない時間をさらに削って英語を勉強している
・そんな状態で、SNSやブログに感想を投稿するヒマはない

ということがあります。

しかし今回、「実際に受講した方」のブログを複数発見したので、そちらの内容を抜粋してシェアしたいと思います(全てを紹介するととんでもない量になる)

口コミ・評判から分析する「受講を決めた理由」

それでも受講を決めたのは

とにかく切羽詰まってる から

引用元:https://sports-analytics-dr.net/toraiz01/

こちらの体験談の方は、受講を考えていると周囲に相談したところ
「150万!?なぜそんなに高いの!?」とか
「他にいい方法あるんじゃないの!?」とか言われたそうです。

それでも周囲の声は無視して受講を決めたのは「とにかく切羽詰まってる」からだそうです。

この方の詳しい情報は不明ですが、日常的に英語が関わる仕事・プロジェクトをされているようです。しかし英語力が低いことによってできない仕事、与えられない責任があるようでした。

そのことがとても悔しく、「1年後も同じ状況になるよりはマシ」と受講を決めています。
トライズ受講の中で、多い理由です。

英語が理解できないことで、世界のできごとが自分の前を素通りしていくーーまさにそんな時代が到来しつつある。

ーー考えるだけでも怖い、怖すぎる......

引用元:https://globaledu.jp/toraiz-16489.html

こちらの方は、「仕事上」「インターナショナルスクールに通うお子さんの都合で接する外国人」との機会が多いようですが、いつも冷や汗を流しながらやり過ごしていたそうです。

英語が十分に使えないことで、「自分の身の回りの一部の世界にコミット」できない状況になっていることに、堪え難い恐怖を感じています。

 

そしてその傾向はさらに強まっていき、これから先何十年も同じ気持ちで生きることを考えて、重い腰をあげたそうです。

このように「何十年先を見越して、1年だけコミットする」という思考回路も、多くの方に見られます。

この方は40-50代と見受けられますが、それでも残り30-40年の人生を、英語ができる状態で過ごすか?できない状態で過ごすか?を天秤にかけて、1年間コミットする方は多いようです。

口コミ・評判から分析する「初回カウンセリング」

そして、目標を誓約書に書き込み自分に誓う。
「なんとしてでも私は英語が話せるようになるんだ」と。

引用元:https://globaledu.jp/toraiz2-16649.html

初回コンサルティングでは、決意を新たにするため、誓約書に誓います。
ここで、1年後にちゃんと英語を使いこなしている自分を明確にイメージすることが大切そうですね。

人によっては、目標を達成できなければ自分にペナルティを課したり、ご褒美を書き込む方もいるそう。

誓約書が終わると、
・30分ほどネイティブ講師との顔合わせ(英語面談)
・前日までに受講しておいた「VERSANT」のスコアとともに面談を行います。

VERSANT(ヴァーサント)とは、ロンドンに支部を置く教育サービス会社が開発した、英語力を図るためのテストです。

TOEICに代わって英語力を測る場面で採用している会社も多いです。

TOEICと比べて、電話で24時間いつでも受講可能で、試験時間は約17分と短いのも特徴。
個人でも1回5000円で受講することができる。

VERSANTのスコアを元に学習計画を立て、3種類の教材を渡されて終了です。

Versantの試験を終え、いよいよ初回コンサルティング!

①ネイティヴ講師とのレベルチェック

②コンサルタントと今後の目標と学習方法について相談

以上がやることです。概ね2時間かかります。

参考元:https://sports-analytics-dr.net/toraiz03/

受講者の口コミによって内容は少し異なりますが、記憶違いの可能性や、受講時期によって初回コンサルティングの内容が違う可能性もあります。

こちらの方は、ネイティブ講師とのディスカッション+VERSANTのスコアで英語力のチェックが行われたようです。

それらで現状のレベルチェックが行われ、
教材の選択とスケジューリングをして、終了のようです。

口コミ・評判から見る「使用教材」

トライズでは専用の教材ではなく「市販の教材」が使われます。

口コミ、評判などで教材として指定されている教材をいくつか紹介します。

「プラダを着た悪魔」のDVD
「英会話ペラペラビジネス」書籍
「Market Leader Upper」書籍(スカイプレッスン用)
「速攻ビジネス英語ディスカッション編」
などが教材として利用されているようです。

口コミ・評判から見る「日々の自主学習」「個人レッスン」

自走をサポートしてくれるのがトライズの売りだと考えているので、上記のように自分が高いモチベーションで学習を続けられている点で非常に満足しています(まだ一週間ですけど笑)。何より学習が面白い!

引用元:https://sports-analytics-dr.net/toraiz06/

「自走をサポートしてくれるのがトライズの売り」
とのことですが、受講者自身もそのように感じるようです。

決して「トライズに入会すれば英語ペラペラ」ではなく、勉強するのは受講者自身ですので、普通にツライことやうまくいかないことも多いでしょう。

やはり「絶対に自分は英語をマスターするんだ!」という気概とともに入会しないと、望んだ成果は上がらなそうです。

 初回のSkypeレッスン、緊張の面持ちで繋いだ所、講師が屋外におりスマホでSkypeをつなぎ、水を片手にガブガブ飲み、時には歩きながらのレッスンが始まりました。内容は個人的には満足するもので、僕自身は形式よりも内容を重視するため授業には満足しています。が、ここは個人の好みによるところかなと思います。

引用元:https://sports-analytics-dr.net/toraiz06/

こちらは、サービス内容への小さな不満の口コミです。

確かに、ネイティブの講師が屋外で歩きながら水をガブガブ飲みながらレッスンをしていると「おいおい大丈夫か・・・?」と思うかもしれませんね。

とはいえ、そのような形式的なことよりも内容を重視するユーザーには不満はなかったようですが、このような形式的なことが気になるようであれば、少し受講を考え直してもよいかもしれません。

スタート当初は、まだ慣れないこともありずいぶん長い学習時間に感じたが、1ヶ月経過したいまは、毎日3時間の学習はクリアできない時間ではないと思っている(その理由については後述する)。

毎日3時間はキツイ...という印象があるが、先の「TOEIC500点を600点にするためには300時間が必要」という試算からすると、トライズはだいぶ時短で効率的な学習ができるといえそうだ。

引用元:https://globaledu.jp/toraiz-2-17131.html

毎日3時間の学習についての記述です。

この口コミによると、1ヶ月経ったくらいで、毎日3時間の学習に慣れてきていて、トライズの学習方法に信頼を寄せつつあるようです。

忙しい毎日の中、毎日3時間の学習時間の確保は難しそうですが、トライズにしたがって学習時間をコントロールすれば、空き時間を利用すれば可能なようです。

トライズのホームページの口コミと評判

トライズの口コミは、トライズの公式ホームページに複数掲載されています。
もちろん自社で掲載している口コミなので信憑性が高いとは言えませんが、それでも参考にはなります

ホームページには
「パイロット/38才/男性」
「旅行代理店勤務/36才/女性」
「公務員/59才/男性」
の声が掲載されています。

その内容からポイントを抜き出してみましょう。

トライズ受講生の口コミ・評判1「専属コンサルタントの存在がとにかく大きい」

「パイロット/38才/男性」の口コミでは、とにかく専属コンサルタントのサポートによって成長したということが書かれてあります。

毎日3時間の学習を確保することも、担当コンサルタントと二人三脚で歩んでいくと、知らず知らずのうちに当たり前のものとなり

という記載があるように、ひとりでは厳しく感じる毎日3時間の学習が、一緒に歩んでくれるひとがいることで難易度が下がったように感じたようです。

人の行動は「誰かに見られている」と感じるだけで変化します。
コンサルタントに、四六時中見られている(学習を報告する)だけで、勉強時間や勉強に対する意識は変わります。

 

トライズ受講生の口コミ・評判2「いままでに通った、週に1回の英会話教室とは違う」

次は「旅行代理店勤務/36才/女性」の声です。
この方は「いままでに何度か英会話教室で失敗してて、自信を失っていたが、トライズで変わった」とのことでした。

 今まで複数の英会話教室に通ったことがありますが、週1回のレッスンだけではたいして上達するわけはなく上達しないのでモチベーションもあがらず、いつしかやめてしまうということの繰り返しでした。

それまでに通っていた語学学校は週に一回の、いわゆる「駅前英会話」のようなものだったそうです。
ただ、週に1回ネイティブ講師と1時間話すだけでは英会話力が上がるわけはなく、
「上達しないから自信がつかない。
自信がつかないから楽しくない。
楽しくないから上達しない」

という悪いループにはまっていました。
トライズは、毎日3時間の学習時間を求められますし、最初はキツイ方も多いです。
しかしそれだけがんばれば、さすがに上達するので

「上達するから自信がつく。
 自信がつくから楽しい。
 楽しいから、さらに上達する」

という、良いループに入っていったようでした。
このループにはいるきっかけは、やはり専属コンサルタントとネイティブトレーナーによる徹底的な指導です。
厳しい指導、スケジュールでも「上達してくれば楽しくなる」ので、よいパターンと言えます。

トライズ受講生の口コミ・評判3「専門分野の第一線で活躍されている方が、さらに飛躍するきっかけに」

最後に「公務員/59才/男性」の方のパターンです。
この方は、本人のコメントよりも「担当コンサルタントのコメント」が興味深いです。

ご専門分野の第一線で活躍されている受講生の方です。
将来的に外国人のクライアントを担当されることを視野に入れ、TORAIZでの学習を開始されました。

どのような分野かはわかりませんが、59才/公務員ということを考えると、長く仕事をして、ちゃんとした役職についていることが想像できます。

実践での使用を想定して練習を行うことで「3ヶ月で英語のプロとして働けるレベル」
になったということです。

この方の口コミを見る限り
「年齢よりも、学習する動機の方が大切なのではないか」
と思わせてくれる口コミでした。

口コミや評判に振り回されるな!

以上のように、口コミや評判について解説しましたが、実際には
口コミや評判はあまりあてにならないと感じます。

なぜなら、トライズは「実際に目に見える商品があるわけではない」からです。
商品は「専属コンサルタントとネイティブ講師とのレッスン」です。

なので

・専属コンサルタントのレベル・相性
・ネイティブ講師のレベル・相性
・自分がどのくらいがんばったか?

のような要素に、満足感が左右されます。
コンサルタントもトレーナーも人間なので、どうしても相性があります。
相性が悪くてトライズのサービスに不満を持つ方も一部にはいることでしょう。

しかしそもそもは「自分でちゃんと学習できるようにサポートするサービス」ですので、
自分でちゃんと勉強できさえすれば悪い口コミにはならないはずです。

トライズの評判や口コミは、このような理由で実際とのブレが大きいので、
「とにかく自分は成果をあげるんだ」と決意をすることが大切です。

あとは、以下に紹介する「効果が出ない人の5パターン」と「効果が出る人の5パターン」を参考に、
トライズに申し込みをするかをぜひ決めてください。

TORAIZ(トライズ)で効果が出ない人の5パターン

トライズに英語力を「上げてもらおう」と思っている人

トライズでのレッスンは、週に1回です。
その1回以外は、自力での学習になり、トライズはその学習をサポートし、進捗確認をしてくれます。

つまり、トライズのスタッフや講師が直接あなたに指導できるのは、週に1回、1時間弱だけなのです。
それ以外の時間は自分で自分を管理することになり、「トライズに英語力を上げてもらおう」などともし思っているなら、その思惑はうまくいきません。

あくまで「トライズを利用してやろう」という気持ちで入会しないと、効果は上がりません。

 

また、トライズに入会すると、基本的に毎日2〜3時間の自主学習をすることが求められます。
これだけの学習をしないと英語力が上がらないですし、せっかく高額を払ってコンサルティングやレッスンを受ける意味がありません。

毎日2〜3時間のうち、半分の1時間ほどは「オンラインレッスン」のように、トレーナーと時間を決めて行いますが、
もう半分以上は「自分でひたすらシャドーイング」「単語を覚える」のように、意思の力を持ってひとりで学習する必要があります。

もちろんモチベーション管理や目標設定を一緒にしてくれるコンサルタントはいますが、そもそもとして
「どう考えても1日3時間の学習は不可能」
という方は、ない時間は使えませんので、時間が作れるようになったときにトライズを受講されるのをオススメします。

数ヶ月で英語力をアップさせたい人

トライズは、1年間で1000時間の学習時間を確保することで英語力のアップを狙っています。

そのため、料金の支払い方法も「6ヶ月先払いで5%OFF」や「12ヶ月先払いで10%OFF」など、基本的に1年間を見据えた計画を建てています。
とはいえ、2、3ヶ月で効果がないわけではありませんが、やはりスクールの提供するベストな期間に合わせたほうが効果的です。

TOEICの点数を上げたい人

海外就職や転勤において、TOEICの点数は大事な指標にされます。
しかしトライズではTOEICの点数をあげることを目的にしていません。

トライズは、TOEICの代わりに「Versant(ヴァーサント)」という英語力測定プログラムを利用します。
Versantは、TOEICよりも実践的なビジネス英会話力が測定できる上、数十分で受講可能な、新しいプログラムです。

関東or大阪地域以外にお住まいの人オンラインコースが新設されました!

トライズのプログラムは、週に一度はスタジオでカウンセリングとレッスンをします

トライズのスタジオは東京に複数あるのと、横浜と大阪に一箇所あるのみです。
トライズを受講する方のほとんどは東京にお住まいなのでこれでも構いませんが、関東地区と大阪以外にお住まいの方にはトライズはオススメできません。

ー2019.4.12追記ー

トライズにオンラインコースが新設されました。

料金やコース内容は通常コースと全く同じで、全てSkype上でのやりとりのみで完結します。

 

無料カウンセリングもオンラインで可能ですので、気軽に受けることができます。

申し込みは、ホームページから行うことができます。

経済的に苦しい方

トライズの受講料は、

入会金5万円
初回カウンセリング費18.5万円
月額118,000円

です。
6ヶ月一括払い、12ヶ月一括払いで割引があります。

初月に30万円近く支払いをして、翌月から約12万円の支払いをして英語力アップを目指すのは、普通の人からすれば高額です。
もちろんそれだけの価値はトライズにはありますし、価値を感じた方が受講するのですが、

「ちょっと今、お財布が厳しい・・・」

という方はそもそもトライズへの入会を考えるのはやめて、別の方法で英語学習をがんばりましょう。

自分は上記5つのどれにもあてはまらないようなら、トライズの無料体験を受けてみてはどうでしょう。

TORAIZ(トライズ)で効果が出る人の5パターン

スキマ時間を効果的に活用したい人

TORAIZ(トライズ)の参加者の口コミを見ると、みなさん口を揃えて「時間管理が上手くなった」と言っています。

これは、英語力をアップさせようとした結果、スキマ時間を効果的に使うようになり、結果的に時間管理術が身についたことになります。

このように、英語力を高めるためには「スキマ時間の活用」が大きな鍵です。
移動時間や、家事の時間、お昼休みや寝る前の時間、少しだけ早起きするなど、スキマ時間を活用するのが得意な人であれば、トライズの効果は上がりやすいです。

お仕事のために英語を学んでいる人

専属トレーナー付き英会話スクールはたくさんありますが、トライズはその中でも「ビジネスのために」という色が非常に強いです。

その理由は、創業者である三木さんが孫正義さんの秘書であったという部分が大きく、
トライズで英語力を鍛えて、国内外で英語を使ってビジネスをする方に特化されています。

トライズがTOEICの替わりに導入しているVersant(ヴァーサント)は、「流暢さ」「指導力」「プレゼンテーション能力」などを計測するテストですので、単純に英語力のみを測定しません。

ヴァーサントの点数をあげることを意識することで、自然にビジネスで使える英語が身につきます。

海外転職、転勤はもちろん、海外で事業を起こしたい方、あるいは国内でも英語を使って外国人と仕事をする方にとって、トライズはピッタリのサービスだと言えます。

ネイティヴ並の発音は不要だと思う人

トライズは「ネイティブのような発音」を目指していません。
ネイティブのような発音を身につけるためには膨大な時間が必要であり、1年ではとても足りません。

しかし、ネイティヴのような発音ができなくても実際のビジネスはできますし、話す内容にちゃんと中身があれば、発音が完璧でなくともみんな耳を傾けてくれます。

よって、トライズではネイティヴのような発音を目指しません。
このようなトライズのポリシーに共感できる人は、高い効果が上がるでしょう。

都内でお仕事をしている人

トライズのオフィスは、都内だけでも六本木、赤坂、田町、銀座、新宿、銀座の6箇所にあります。
これだけあれば、都内で仕事をしている人にとって「通いやすい」場所があるはずです。

週に一回とはいえ、定期的に通う場所は通いやすい場所にある方がいいに決まってます。
都内でお仕事をしている人のためにあるスクールがトライズである、と言っても過言ではありません。

オンラインコースも新設されましたが、やはり都内のスクールで対面でレッスンを受けた方が、効果は高まるでしょう。

ネイティブとの会話経験を積みたい人

トライズは、日本人コンサルタントと相談しつつ、ネイティブ講師とレッスンをします。

英語学習においては、日本人から習うのとネイティブから習うのにはそれぞれメリットとデメリットがあります。
トライズは両方を取り入れているので、バランスよく英語力をあげることができます。

ネイティブ講師とのレッスンは週に約5時間半あるので、毎日1時間はネイティブ講師とのレッスンとなります。
オンラインかオフラインか、またマンツーマンかグループレッスンかは要相談ですが、それだけネイティブ講師と長時間レッスンができることはトライズの強みです。

 

いくら英語を学んでいても「外国人と会話する」ということに慣れていないと、
実践の場で使えないこともあります。

ベースとなる英語力をあげつつも、「ネイティブの人間と話をする」機会をたくさん儲けることで、いざビジネスの場や留学で英語を使うことになったときに十分に活用ができる速度が早まります。

↓↓↓無料で申し込み↓↓↓

(強引な勧誘はなく、しつこいメールもきません。)

トライズの料金

トライズの受講料金を紹介します。

入会金5万円
月額:118,000円

初回コンサルティング費:185,000円

12ヶ月一括支払いの場合は30万円OFFとなり、
12ヶ月合計で(5+18.5+11.8×12-30)1,351,000円(税抜き)となります。

なんと130万円以上の料金で、英語学習にこの料金は高いと思われるかもしれません。
そのような方はトライズ以外の、もっと安く済む勉強法を探すのもひとつの手段でしょう。

 

ただ、そうして自己流で失敗し続けるひとが世に溢れているのも事実です。
そのように人生の時間を無為に浪費するよりは、
多少は高額なお金を支払って、英語学習を終わらせる気持ちで入会する方が多いようです。

トライズのカリキュラム

では、実際にトライズに入会するとどのような学習をするかを確認しましょう。

無料カウンセリング

まだ入会しなくても受けることができる唯一のプログラムです。
あなたの英語力を測定し、トライズのシステムを紹介し、入会するかどうかを決めます。

申し込みはトライズの公式ホームページからいつでも行うことができます。

初回コンサルティング

実際に受講して、最初に行うコンサルティングです。
だいたい1〜1.5時間で行われ、このコンサルティングで
「どのような英語を身に付けたいか」
「毎日、どの時間に勉強するか」
「どのようなトレーニングを行うか」
を決定します。

週5回、1時間ずつのスピーキング

週に5日間、1時間ずつのスピーキングトレーニングを行います。
これは自宅で行われますが、その進捗は随時トレーナーに報告されます。

スピーキングについての小テストも行われるので、サボってもトレーナーにバレるだけです。

週5回、2時間ずつのシャドウイング

トライズの英語トレーニングのコアとも言えるトレーニングが、このシャドウイングです。

英語教材を読みながら、その教材の音声を聴きながら「シャドウ(影)」のように、
音声から1秒ほど遅れて声に出して英語を読み上げるトレーニングです。

実際に英語を口に出すことにより、ただ一方的に教材を読んだり聞いたりするだけではなく、
着実にレベルアップを実感できます。

シャドウイングはいまやどこの英語学習メソッドでも取り入れられるオーソドックスな英語学習方なので、
ひたすらに発生し続けるのは重要なことです。

週6回、レッスンの予習復習

週に2回のオンラインマンツーマンレッスンと、
週に1回の少人数グループレッスンに備えて、それぞれに予習と復習を行います。

それぞれに1時間くらいの時間をかえて、レッスンの効果を最大限に高めるために予習と復習を行います。
予習と復習の方法も、専属のトレーナーからアドバイスをもらいながら進めていきます。

週に2回、30分ごとのオンラインマンツーマンレッスン

スカイプ等を利用し、トレーナーとマンツーマンのレッスンを行います。
グループレッスンとは異なり、あなたの特性に合わせたレッスンを行います。

「仕事でこのような内容の話をする機会がある」
「プレゼンを控えている」
「専門用語をたくさん覚えたい」

このような要望に応えられるのはオンラインマンツーマンレッスンだけなので、
自分がどのようなレッスンを希望しているかを事前に把握しておきましょう。

週に1回、1時間のグループレッスン

こちらだけはオンラインでは行われず、スクールに足を運びます。

一人のネイティブ講師に対して最大で4人までの生徒がつき、レッスンを行います。
グループレッスンのメリットは、
「日本人がいる場での英語の会話に慣れる」
「他の日本人の会話表現を聞くことができる」
「自分のレベルを客観的に知ることができる」

などがあります。
マンツーマンレッスンと比べると時間帯効率は落ちますが、
その分英語の学習を多面的に知ることのできるレッスンなので、ぜひ効果的に活用しましょう。

次のアクションは無料説明会がオススメ!

TORAIZ(トライズ)のデメリットとメリットを紹介しましたが、ネットで調べてもこのサイト以上の情報はおそらくありません。

次のステップとして、ぜひ無料説明会に参加するのをオススメします。

無料説明会が受けられるのは
六本木・新宿・田町・赤坂、銀座・秋葉原・横浜・大阪梅田です。

もちろん無理な勧誘はありません

実際のスクールや講師の雰囲気を感じてみて、気になることを質問しまくりましょう。
その上で、入会するかどうかを決めればいいのです。

▶︎簡単な英語力のチェック
▶︎トライズのシステムの紹介
▶︎トライズがなぜこのような方式なのか

を聞くことができます。

入会するかどうかは一旦置いておいて、まずは無料説明会への参加がオススメです。

まずは無料説明会がオススメ!
申し込みはこちらからどうぞ↓

お手軽!おすすめスマホ英会話アプリ
「今はまだそこまで本気じゃない」
「だけど少しずつでも英語に触れていたい」という方に、月額980円の英会話アプリを紹介します。


【スタディサプリENGLISH 日常英会話コース】
・一週間は無料
・条件を満たせば月額980円→775円に!
カリスマ講師による動画が無制限に視聴可能!
・リクルートにより運営されている!
・月額775円になるキャンペーンは7月23日まで!

スマホ一台で効果的な英語学習ができる上、一週間の無料体験期間中に解約すれば、1円もお金がかかりません。

このアプリだけでTOEICの点数をアップさせることも不可能ではないので、ぜひ一度試してみてください。

-TORAIZ(トライズ)

Copyright© 英語コミット.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.