自己流で英語学習をして失敗する人の特徴

英語の独学ができない原因は?3つの原因と3つの対処方法を紹介!

投稿日:

ふじさわ
英語を勉強したいけど、独学だと全然できない。

と思う方ってとても多いと思います。僕もそうでした。

英語の独学は、モチベーションの維持、なにを学習したらよいか、勉強時間の確保など、難しい点がたくさんあります。

 

とはいえ、英語勉強法まとめの記事でも紹介したように、独学はあらゆる英語学習の基礎になります。

独学がちゃんとできないと、オンライン英会話や英会話教室に通っても、勉強時間が足りないのでほとんど英語力は伸びません。

そう。独学はめちゃ大切なのです。

 

このサイトでは、いろんな英語学習法について紹介していますが、究極的には独学が最強です。

独学さえできれば、図書館で借りてきた英語テキストとYouTube動画だけでも、必要なだけの英語力が手に入るでしょう。

しかしそれができれば苦労はしません。

 

独学したくてもできないから多くの人が困っていると思うので、その原因と対処法を紹介していきます。

ひとつの原因に対して、ひとつずつ対処法を紹介していきますね。

独学できない原因①モチベーションの維持ができない

すごくシンプルに「モチベーションがもたない」ひとが多いと思います。

その本当の原因は「英語が必要だと思っていない」からだと言うことができます。

会社や留学の都合でとりあえずTOEICの点数のために勉強してるとか、将来のためになんとなく勉強してるときは、本心では「英語は必要ない」と思っていることが多く、それだと勉強しようという気になりません。

 

僕も経験があるのですが、海外旅行で外国人のと話そうと思っても思うように話せず「もっと英語が話したい!」と思ったことがきっかけで、英語勉強を始めても、帰国して100%日本語の環境にいると「英語がなくても生きていける」という現実に順応してしまいます。

 

これから紹介する2つの「独学できない原因」も、究極はこのモチベーションの問題に起因しており、モチベーション不足は深刻な原因です。

英語を独学できない対処法①お金を払う、友人と一緒に勉強する、トレーナーにお願いする

モチベーションの維持は根深い問題なので(というかモチベーションがないなら英語の勉強する必要すらないかもしれませんが)、対策も強力なものが多くなります。

英語独学のモチベーションを上げるための対策は以下の通りです。

▶︎勉強のためにお金を払う
▶︎一緒に勉強できる人を見つける
▶︎トレーナーについてもらう

まず「勉強のためにお金を払う」ですが、なんでもいいので英語勉強のためにお金を払うことで「もとをとってやる」という気持ちが働くので、なにかサービスを利用するのはよいことです。
もちろんそのためだけにお金を払うのは本末転倒なので、ちゃんと意味のあるサービスにお金を払う必要があります。

「一緒に勉強できる人を見つける」は、目標を共有し、お互いの成果を報告しあったり、ライバル的な存在になってくれる相手を見つけられると最高です。
社会人になるとそういう相手はなかなか見つからないかもしれませんが、SNSなどを通じて「英語学習友達」を見つけて、お互いの学習方法の共有や、TOEICスコアで競ったりできると、モチベーションの維持に大いに役立つでしょう。

最後の「トレーナーについてもらう」ですが、プロの英語学習トレーナーについてもらうと、TOEICの点数をはじめとした自分の到達したい目標までのモチベーション維持のために大いに役立ってくれます。

プロのトレーナーにお願いできるスクールは複数ありますが、僕のおすすめはイングリッシュカンパニーでした。モチベーション管理のプロに指導してもらうことで、ほとんどの方はモチベーションの問題を解決できるでしょう。

英語を独学できない原因②学習法がわからない

英語の独学でつまづく要因のひとつが「学習法がわからない」「自信がもてない」というものです。

自分のしている学習が、果たして合っているのか?正解なのか?がわからないと学習に集中できず、単語を覚えたかと思えば文法の本を読み、リスニングをしたかと思えばシャドーイングをしたりしてしまいます。

しかも、英語の学習は「10時間以上やってはじめて成果を実感できる」ようなものも多いです。

そう考えると、9時間までは「勉強してるけど成果は感じない」時間が続くので、そこで学習法に疑問を感じるのは自然なことです。

不安なまま学習しては、独学で挫折するのは当然と言えます。

英語を独学できない対処法②プロのカウンセリングを受ける

英語学習において「自分は文法の勉強したほうがいい」「リスニングが必要だ」ということを正確に判断するのは、非常に難しいです。

英語とは複数のスキルの集合体なので、自分にどのスキルが足りないかを理解し、補う必要がありますがほとんどのひとはそれができていないのが現状です。

単語、文法、スピーキング、リスニング、発音・・・など、自分がどこを重点的に鍛えるべきか、そのためにどんな練習をすればいいかを教えられるのは、プロのトレーナーしかいません。

 

そこでオススメするのは、コーチング英会話の無料体験に参加してみることです。
コーチング英会話は、月々15万円ほどする高額な部類のサービスですが、そのほとんどは無料体験を実施しています。

無料体験の中で行われるカウンセリングで、自分の弱点を知ることができ、どのような学習がおすすめか教えてくれるスクールが多いです。
一番のおすすめはイングリッシュカンパニーですが、スクールの雰囲気もみつつ、無料体験に参加して学習計画を建てる手伝いをしてもらうとよいでしょう。

英語を独学できない原因③時間がない

英語独学できない3つめの要因は「時間がない」ことです。

ひとによって状況はそれぞれですが、おそらく「時間はたっぷりあるんだけど独学できない」という人は少ないのではないでしょうか。

誰もが、仕事や家庭生活、趣味がありながら、その合間を塗ってなんとか英語学習の時間をとっていることと思います。

英語独学のための代表的な時間は以下などです。

・朝、早めに起きて1時間
・ランチの時間30分
・寝る前の1時間
・電車を待つ間、電車の移動のこまぎれの時間

このような時間を活用するのが英語独学の王道ですが、なかなかうまくいかないのが現実です。

英語を独学できない対処法③時間管理について学ぶ

上に書いたような合間時間を使って英語を勉強する時間を積み上げるしかないのですが、それにも方法論があります。

結局同じサービスの紹介になって申し訳ないのですが、イングリッシュカンパニーのトレーナーは、時間管理のプロです。

 

正確に言うと「日常生活の隙間時間に英語学習をする」プロです。

どのスキマ時間になにをすれば一番成果が上がるかを膨大な量研究しているので、その研究結果を使わせてもらった方がいいに決まっています。

 

また、時間管理の問題は結局はモチベーションの問題、学習計画の問題とも絡み合ってくるので、独学でがんばるよりはまずはプロのトレーナーに相談してみるだけでも全然違うと思います。

上にも書きましたが、無料体験でも十分に意味のあるカウンセリングをしてもらえるので(もちろん気に入ったら入会するとよいですし)、一度無料体験に参加してみるのをオススメします。

 

英語の独学は長くツライ道のりなので、その道を何度も登ったことがあり、何度も頂上へ導いたことのあるプロにお願いするのが、自然なことではないでしょうか?

-自己流で英語学習をして失敗する人の特徴

Copyright© 英語コミット.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.