未分類

ビジネス英会話を独学でマスターできない理由と対処法は?

投稿日:2017年11月9日 更新日:

ビジネス英会話をはじめるときに、「まずは独学でやってみよう」という人も多いのではないでしょうか?

ほとんどの人が学生時代に英語を勉強した経験があるので、独学でもマスターできると思われることが多いです。

しかし、実際は独学でビジネス英会話をマスターできた人はほとんどいません。いったいどうして独学でのマスターは難しいのでしょうか?

今回は独学での習得に失敗する5つの原因と、確実に成果がでる方法をご紹介します。

ビジネス英会話の独学で失敗する5パターンと対処法

ビジネス英会話を独学で勉強したものの、「話せるようになった!」という人は、ほとんどいません。独学での英会話学習に失敗する人は、5つのパターンに分けられます。

失敗パターン①時間管理ができない

独学での習得が失敗する原因は、時間管理ができていないことです。

どれだけ「今日はこれだけ勉強する!」と意気込んでいても、予定通りに行くことは少ないです。特に社会人であれば、以下のような理由で勉強時間が取れないことがあります。

・急な仕事
・会議
・疲れ

早めに帰って英会話学習をするつもりが、急ぎの仕事や会議が入ってきたり、連日の仕事で疲れて眠ってしまったり……。

計画をたてても、時間管理ができないためにスケジュール通りに勉強ができません。そうして、いつまで経ってもビジネス英会話がマスターできないのです。

 

さらに、ボーッと何もせずに過ごしている時間や、欲望に負けてしまう瞬間もたくさんあります。

・SNSチェック
・テレビ
・ダラダラしたい
・遊びに行きたい

こういった欲望に負けてしまったり、無意識で行動している時間に人はなかなか気づけません。

時間の使い方がうまくできないために、独学での習得に失敗してしまうのです。

対処法①スキマ時間の活用の仕方を学ぶ

時間管理ができない大きな要因は「◯◯と●●が終わった後の、空き時間で英語勉強しよう」と思っている点です。

貯金などと同じで、時間やお金はなんとなく使った後、余った分を有効活用しようと思ってもうまくいきません。

時間もお金もあっという間に使ってしまって、手元には全く残らず、新しい日や月を迎えるのが定番です。

 

そもそも「時間の活用術」はシンプルなように見えてけっこう複雑です。

根本的な考え方から、枝葉のテクニックまで様々な、スキマ時間活用の方法があります。

それらのテクニックをひとつひとつ学びつつ、少しずつ時間の使い方にうまくなる必要があります。

 

間違っても「自分は時間の活用が上手だ」などとは思わないことをオススメします。

もし本当に時間の活用が上手であれば、独学の英語習得にすでに成功しているはずですからね。

失敗パターン②モチベーションの維持ができない

 

モチベーションが徐々に下がってしまうことも、ビジネス英会話をマスターできない原因です。

モチベーション維持のためには、定期的に勉強する目的を思い出しましょう。

何事も、目的というゴールがなければ、どこに向かっているのかわからなくなってしまいます。
ゴールが見えなければ「勉強したい!」という気持ちの行き場もなくなり、徐々にやる気がなくなります。

さらには、独学の場合「ビジネス英会話を習得する!」といったあいまいな目的しか設定していません。あいまいな目的は、どれだけ達成しているのかということが、客観的に見えません。そのため、今後の計画もしっかり設定できません。

欲望を上回るくらいの、強い目的を考えなければ、モチベーションは簡単に下がります。

対応策②二人三脚してくれる人を見つける

そもそも、あなたが英語をマスターすることは全く「必要ではない」し「マスターしないと死ぬ」わけでもありません。

そのような状況では、モチベーションを保つのは難しくて当然です。

 

そこで「自分の目標を共有できて」「日々の自分の努力を報告できる相手」がいるとよいです。
さらには「進捗に対してアドバイスをくれる」こともできれば最高です。

共有や進捗の報告なら、家族や友人でも可能ですが、適切なアドバイスとなると、英語のプロにお願いするしかなくなります。

もちろんコストはかかりますが、日々のあなたの学習時間をムダにせず、最大まで効率的に使うためには、プロからのアドバイスがもらえる環境というのはとても贅沢です。

 

そのような環境はコーチング英会話スクールに入会することで手に入ります。

>>コーチング英会話スクールおすすめランキングへ

失敗パターン③具体的な目標が設定できない

ビジネス英会話のマスターには、具体的な目標が絶対に必要です。しかし、目標設定をできない人は多く、マスターできない原因でもあります。

目標を決めるのは難しいということであれば、「目的を達成するためにはどうしたらいいのか?」「何をすればいいのか?」ということを考えることをおすすめします。

「12月の昇進試験までに、TOEICを800点以上にする!」
「次の海外クライアントとの会議までに、ビジネス英単語を30個覚える!」

例えば、上記のような目標はとても具体的です。12月・800点以上という、客観的に判断できる期間と数値が入っているからです。数字で確認ができると、進み具合も分かりやすく、おすすめです。

ビジネス英会話を習得するために、目標設定は必ず行いましょう。

対処法③プロと一緒に目標設定をする

ビジネス英会話の初心者が、いきなり「3ヶ月でペラペラになる!」のような目標を立てたところで、達成可能性は非常に低いです。

「どのくらいがんばれば、どのくらいの成果が上がるか」の基準がほとんどない状態で目標を立ててもほとんど意味がありません。

かといって「とにかくがんばる!」というのは目標とは呼べません。

 

多くの英語学習者のサポートをしてきたプロの英語教育者の指導のもと、段階的な目標を立てることで、目標が行動に結びつきます。

目標の設定は、一週間の学習量に結びつき、一週間の学習量は一日の学習量を算出でき、そうすればあなたが寝る前の一時間になにを勉強するかも明確になるのです。

失敗パターン④正しい学習法がわからない

マスターできない原因に、正しい学習方法が分からないということもあります。

独学で勉強をはじめると、学生時代の方法でスタートしてしまいがちです。「まずは文法をひと通り勉強しよう」「ひたすら英文を読みこもう」など、自分の成功体験をもとに、学習を始める人が多いです。

いままでうまくいっても、ビジネス英会話も同じ方法でマスターできるとは限りません。

正しい学習方法が分からないときは、ビジネス英会話をマスターした人を真似して、正しい学習方法を知ることが、いちばん早いです。

まったく効果がない独学の勉強方法に時間を割いてしまうと、いつまでもマスターできません。また、身につかなかった時間は、かなり無駄になってしまいます。

一人一人のこまかい学習方法はちがいますが、おおまかな正しい学習方法は同じです。成功者の真似をすることが、マスターへの近道です。

対処法④プロに英語学習の方法を教えてもらう

英語学習の方法には、ほんとはそんなに効果がなくても、さも「これだけでペラペラになれる!」と吹聴されているものが多くあります。

そのような方法をいくら試したところで英語力が上がることはなく、時間のムダにしかなりません。

 

また、万人に効果のある学習法などは存在せず、一人一人の課題や弱点に合わせた学習をする必要があります。

しかし、自分の弱点や課題をちゃんと認識するのは中級者以上でないと難しいので、ここで独学の限界がきます。

 

コーチング英会話スクールに入会し、英語学習のプロから「いまのあなたに最適の学習方法」を教えてもらうことが最善策でしょう。

とはいえ、コーチング英会話スクールには費用がかかります。

 

しかし、一部のスクールでは、「最適の学習法を判断するカウンセリング」を無料で行ってくれるところもあります。

このカウンセリングを受けて教えてもらった学習を実践する方が、ただの独学よりもかなりスムーズに英語力が上がることでしょう。

無料カウンセリングを行っているおすすめのコーチング英会話スクールは、『イングリッシュカンパニー』などです。

>>イングリッシュカンパニーの公式ホームページへ

失敗パターン⑤正しい学習法を、成果が出る前に辞めてしまう

正しい学習方法を試していても、成果が出る前にやめてしまうと、マスターはできません

独学でビジネス英会話を勉強していると、自分で成長を実感することができません。
成長の実感がなければ、モチベーションも下がります。成果が見えないために、正しい学習方法をしていてもやめてしまう人が多いです。

正しい学習方法で続けていれば、確実に成果は出ます。根気よく続けるか、プロや身近な人など、成長を教えてくれる人がそばにいると、勉強も捗るでしょう。

対処法⑤どのくらいの期間で成果が上がるのかを知る

英語学習は、同じ練習をずっと続けていて、ある日急に単語が聞き取れるようになったり、文法への理解が一気に深まる、というような場面があります。

そのように、一気に学びが深まるタイミングがどこでくるのかは人それぞれなので事前に知ることは難しいです。

 

しかし、プロの英語教育者と共に「どのくらい学習するのが目安か」を知っておくことは非常に大切なことです。

どのくらいの期間で成果が上がるかを知っておくことは、モチベーションの維持に繋がります。

 

とある練習を、3日で成果をあげようとうするのと、3週間で成果をあげるように取り組むのでは、気持ちの持たせ方が変わるのは想像に難くないでしょう。

このように英語学習のサポートをしてもらうのは、コーチング英会話スクールに入会するのがベストでしょう。

独学よりもずっと成果のあがりやすい方法

独学でビジネス英会話をマスターできない原因は、学習内容ではなく、方法にあります。

とは言っても、素人がビジネス英会話のマスター方法を知ることは難しいです。よっぽどの英語学習マニアか、プロでなければ、成果の上がる方法を探すだけで、時間を消耗してしまいます。

しかし、独学よりもトレーナー付き英会話スクールであれば、成果が出やすくなります。

トレーナー付き英会話スクールでは、専属トレーナーが生徒一人一人に付きます。
すでに結果が出ている方法をもとに、学習カリキュラムが設定されるので、忠実に勉強するだけです。生徒一人一人に合った方法も提案してくれるので、本来の英語レベルも関係ありません。

また、学習だけでなく、時間管理やモチベーション管理、目標設定も一緒に行ってくれます。素人にはできない部分をプロが考えてくれるので、カリキュラムに集中できることが魅力的です。

料金はやや高めのスクールが多いです。しかし、独学で教材をたくさん買ったり、意味のない学習方法に時間を割くよりも、ずっと有意義に、早くビジネス英会話を身につけることができます。

時間やモチベーションの管理は、誰もが遭遇する難関ですので、思い切ってプロに頼りましょう。

>>コーチング英会話スクールおすすめランキング

まとめ:ビジネス英会話は独学よりもスクールがおすすめ

独学でビジネス英会話をマスターすることはほぼ不可能です。

時間やモチベーション管理ができなかったり、目標がうまく設定できなかったり、学習方法以外で挫折します。

独学で成果が出ないときは、思い切ってプロに頼りましょう。トレーナー付き英会話スクールであれば、専属トレーナーが生徒全員に付きます。時間やモチベーション管理もしてくれるので、初心者でも短期間で成果をだすことができます。

成果の出ない独学で時間を消費する前に、プロの力でビジネス英会話をマスターしましょう。

無料体験、無料カウンセリングに参加することで、自分の今の課題や弱点を知ることもできます。

イングリッシュカンパニーの無料体験は

こちらから申し込みできます↓

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)

「第二言語習得研究」の知見を結集した、本当の「英語のパーソナルジム」。

イングリッシュカンパニー以外のスクールは、そのほとんどを「時間管理」と「モチベーション管理」が占めます。

ちゃんと「英語」を教わることができる唯一のスクールと言ってもよいでしょう。

メソッドに全てのひとにあてはめるのではなく、一人一人が持つ課題を見つけ出し、適切なプログラムをお教えします。

「第二言語習得研究」を応用した、最短距離で英語を学べるプログラム。

東京、神奈川、大阪、京都にスクールがある。

料金換算するともっともお得な、一週間あたり90分×2回の個別レッスン

 

-未分類

Copyright© 英語コミット.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.