ALUGO(アルーゴ) 失敗しない英会話スクールの選び方

ALUGO(アルーゴ)の入会、ちょっと待った!向いてない人の特徴とその理由。

投稿日:2017年7月3日 更新日:

短期集中で英会話能力を「モバイルトレーニング」で上げるサービス、ALUGO(アルーゴ)ですが、このサービスは「誰でも登録してね!」というものではありません。

むしろ「入会する人を選ぶ」とすらいえます。
では、ALUGO(アルーゴ)の入会に向いていない人の特徴と、その理由を紹介していきます。

ALUGO(アルーゴ)の入会に向いてない人

①経済的に豊かでない人

ALUGO(アルーゴ)の受講料は、2ヶ月間で198,000円です。
一ヶ月あたり約10万円と、他の英語学習の方法と比べると、かなり高額なことがわかります。

もちろん、これだけの金額を払って英語力がアップするのであれば、安い投資と考えることもできます。
しかし、そう考えることのできない経済状況の方には、ALUGO(アルーゴ)はオススメできません。

ALUGO(アルーゴ)は、高所得者向けに作られたサービスなのです。

②TOEICの点数アップを狙っている人

ALUGO(アルーゴ)は、TOEICの点数のことをほとんど気にしていません。
というのも、ALUGO(アルーゴ)は「ビジネスで使える英語」のマスターを目指していますので、それとTOEICの点数はイコールではありません。

そのかわりに「アルーゴアセスメント」という独自のレベルチェックを用意しています。

・積極的な姿勢
・流暢さ
・聞き取り力
・文法的な正しい発信力
・語彙力
・論理的な発信力
・関係を壊さずに主張する力
・積極的傾聴力
・関係構築力
・部下指導力
・論理と感情を織り交ぜストーリーを語る力
・困難な状況でもWIN-WINを構築する交渉力
・参加者の合意度を最大化する議事進行

上記12項目からなる「ALUGOアセスメント」と、この12項目の総合点からなる「ALUGO LEVEL 12」を導入しています。
このアセスメントとレベルチェックは、ALUGO独自とはいえ、ビジネスにおける英語力を測る上では非常に役立ちます。

ALUGO(アルーゴ)のレッスンを受けている間は、常にこのアセスメントとレベルチェックに従うことになるのでTOEICのレベルは重視されません。

もちろん、ALUGO(アルーゴ)のレッスンを受けることで結果的にTOEICの点数が上昇することはあるでしょうが、それはあくまで結果論なので、「TOEICの点数を、とにかくあげたい!」というひとにALUGO(アルーゴ)はオススメできません。

③1日2時間の勉強時間を確保できない人

ALUGO(アルーゴ)は、独自のメソッドをベースにして生徒一人一人を分析し、個別カリキュラムを組んでくれます。
そのカリキュラムに沿った課題が課せられるので、それを自分でちゃんと学習し、その進捗をコンサルタントがチェックしてくれます。

そして、その課題のために必要な時間が、だいたい1日2時間という計算で組まれています。
ですので、毎日2時間の学習時間が確保できない人は、ALUGO(アルーゴ)に入会しても、お金をドブに捨てるようなものであることは否めません。

もちろん、2時間、机に向かってテキストを開く必要があるかというと、そうではありません。
勉強時間には、耳にイヤホンをつけてリスニングをしたり、ブツブツと英語をつぶやく時間(シャドウイング)も含まれます。

もちろん全てがイヤホンの時間ではなく、テキストを開く時間も必要ですが、これらのトータルで毎日2時間と考えると、だいぶ現実味が湧いてくるのではないでしょうか?
それでも2時間を捻出できないという方は、ALUGO(アルーゴ)の入会はしてはいけません。

④対面レッスンがしたい人

ALUGO(アルーゴ)の最大の特徴は、「モバイルトレーニング」であるということです。
一応、九段下にオフィスはあり、無料体験会などはそちらで行うこともありますが、それ以外は基本的にオンラインで完結されます。

あなたのスマートフォンに電話がかかってきて、その電話でレッスンを行います。
専用アプリを使って、レッスンを行います。

この「モバイルトレーニング」によって、移動時間が節約になり、郊外や地方に住んでいる方も、全く同じ条件でサービスを受けられるというメリットがあります。

しかしその分、「対面での直接の指導」は全くありません。
対面でなければ伝わらないニュアンスもありますし、相手の顔が見えないと不安である、という気持ちもあるかもしれません。

そのような「直接のレッスン」を望んでいる場合、間違えてもALUGO(アルーゴ)に入会してはいけません。全くありませんから。

直接のレッスンを提供しているスクールは、RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)など、たくさんありますのでそちらへの入会を検討してください。

(⑤関東圏に住んでいる人)

この条件だけは「入会してはいけない」というより、「他に選択肢があるよ」というニュアンスです。

ALUGO(アルーゴ)は、完全モバイルトレーニングのサービスですので、郊外、地方にお住まいの方にとくにオススメのサービスです。
そして、関東地方にお住まいの方は、TORAIZ(トライズ)TOKKUN ENGLISH (トックンイングリッシュ)などのように、都心にスクールがあり、対面レッスンの充実したスクールもあるということを、お知らせしておきます。

もちろん、ALUGO(アルーゴ)はモバイルであること以外にも、独自のレベルチェックやアセスメントなど、魅力もたくさんあるので、関東在住の方でも入会は全く問題はありません。

ただ、英語の上達において「対面レッスン」は大きな意味を持ちますので、それが充実したスクールを選ぶ選択肢も、提示させていただきました。

ひとつも当てはまらなかった人は、ALUGO(アルーゴ)の無料体験へ!

ここまで、5つの「ALUGO(アルーゴ)に入会すべきでないひと」の特徴を紹介しました。

・経済的に豊かではない人
・TOEICの点数アップを狙っている人
・1日2時間の勉強時間を確保できない人
・対面レッスンがしたい人
・(関東圏に住んでいる人)

ひとつも当てはまらなかったあなたは、ズバリ、ALUGO(アルーゴ)に入会すると、大きな成果が上がる可能性が高いです!

とは言っても、いきなり入会するのはハードルが高いので、まずは「無料体験会」ということになるでしょう。

無料体験会の申し込みはホームページからどうぞ。

ALUGO(アルーゴ)

全てのレッスン、カウンセリングをオンラインがオンラインで完結するALUGO(アルーゴ)。
ALUGOの最大の特徴は、スマホを使い、オンラインで完結するからこその徹底したカリキュラム。

「部下指導力」「論理的な発信力」「関係を壊さずに主張する力」など、独自のレベルチェックを実装。

自習教材、オンラインレッスンで、いつでもどこでもレベルアップできる。

料金は、2ヶ月間、40回のレッスンで約20万円。

無料カウンリング時に、デモレッスン受講可能。

完全オンラインでのレッスン。

-ALUGO(アルーゴ), 失敗しない英会話スクールの選び方

Copyright© 英語コミット.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.